絶対に奪われないものは知識と財産(ユダヤ人迫害の歴史)

日本と世界の歴史

ユダヤ人は優秀な人が多いと言われています。ユダヤ人が世界の政治、金融、ビジネスを牛耳っていると噂されます。そんな噂を生むほど優秀で成功している人が多いことがわかります。

世界の歴代ノーベル賞受賞者20%ユダヤ人と言われており、世界長者番付トップ10のうち、ビル・ゲイツ,マイケル・ブルームバーグ,マーク・ザッカーバーグ,ラリーエリソンなど多くのユダヤ人、ユダヤ系列の人たちが入っています。

ユダヤ人の定義

そもそもユダヤ人とはユダヤ教を信じている人たちのことを言います。どこに住んでいてもユダヤ教を信じていればユダヤ人なのです。全世界に1500万人ほどおり、イスラエルに600万人アメリカに500万人ほどいるようです。

イスラエル建国に伴う4回の中東戦争の歴史を知りたい方はこちら

そのため土地や気候のではなく、考え方に差があると考えることができます。

ユダヤ教の聖典「タルムード」ユダヤ教の歴史5000年のあらゆる知恵が凝縮されています。知識は没収できないものとして宗教の経典を教育のツールとして進化してきたのです。

 

ユダヤ人迫害の歴史

ユダヤ人は時の権力者や民衆から迫害を受け続けてきました。

ユダヤ人迫害の歴史が知りたい方はこちら

ヒトラーはなぜユダヤ人を虐殺したのか

国外追放や民族移動なども多くあり、国土への帰属意識がありません。

そのため、迫害を受けても絶対に奪うことができない知識や財産を求めました。

常に勉強して知識を深めることを宗教習慣としました。迫害され続けたユダヤ人が生き残るために知識は必要なものだったのです。

国土ではなく価値があり持ち運びできる財産を重視しました。一つ目は紙幣です。金、銀、宝石は価値は高いが持ち運びしにくく、持ち運びのしやすいものとして紙幣もユダヤ人が開発しました。さらに株式や保険の考え方もユダヤ人が開発したものです。

 

なぜユダヤ人は嫌われていたのでしょうか。

その理由は大きく分けて3つあります。

 

1・宗教的な理由

ユダヤ教が派生してキリスト教ができたのですが、キリスト教を作ったイエス・キリストはユダヤ教の細かい戒律を否定し、宗教改革を行い民衆に広げていきました。そのため、ユダヤ人の反感を買い、イエス・キリストは処刑されてしまったと言われています。その後、キリスト教世界(ヨーロッパ)ではユダヤ人は迫害されてしまうことになります。

 

2・経済的な理由

キリスト教では金を貸して儲けるという考え方はよくないと考えられていました。迫害されていたユダヤ人は生活のため、金貸しをはじめとする金融業をやらざるを得ませんでした。良くないと言われている金貸しや銀行業、保険業などで成功するユダヤ人なども出てきてしまったのです。

 

3・優秀な頭脳

ユダヤ人は前出した通り、教育を重視したため高い能力を持っています。さらに経済的にも力を持っていたため重用される人もいたと言われています。迫害対象とするユダヤ人が高い地位にいることでさらなる迫害が生まれてしまったと考えられます。

 

まとめ

今後、税が重くなり、様々なものに税金がかかることがあるかもしれません。

しかし知識だけには税金をかけることはできません。

迫害されたことで、生き残るために知識が必要と感じたユダヤ人の必死さははかり知れません。

生死をかけてとまでは言いませんが、ユダヤ人を見習って大人になってからも知識を深める努力をすることが成功の一歩と言えるでしょう。

コメント

  1. […] 参照(ユダヤ人が嫌われていた理由) […]

タイトルとURLをコピーしました