会社を円満に辞める方法 ~辞める理由を明確に~ 

働き方・生き方

終身雇用が崩壊してきており、転職したいと思っている人が増えてきています。

退職をする前の心構え、円満退職の方法などを記していきたいと思います。

退職代行サービス

テレビなどでは退職代行サービスが取り上げられ、退職を自ら上司に言わずに退職できるサービスができています。

辞めると言えずに精神・身体を壊してしまう若者とのニーズがうまくマッチしているサービスと言えます。

しかしながら、なにも相談せずに自分勝手に辞めることになり、元の職場の人との交流が途絶えてしまうことを意味するため、あまりオススメできません。もし働いている所がブラック企業で精神を壊してしまう可能性があるのならば使うことはアリでしょう。

円満退職のススメ

辞めるときにできるだけ円満退職をするのが望ましいです。

辞めると言った後も2ヶ月~3ヶ月はその職場で勤務することになり、辞めた後も円満退職であれば人と人は繋がり、情報交換やビジネスチャンスが生まれることになるからです。

新しい職場でもなぜ辞めたのかを尋ねられる場合も少なくありません。冷静な話しあいをせず、感情的になって辞めてしまった場合には、また辞めてしまうのではないかと上司に思われるため自身に不利な結果に陥ります。

円満退職するために必要なのは計画です。

辞めた後はお金が入ってきません。健康保険や税金関係も自分でやらなければなりません。そのため一時期の感情ではなく、辞めて何がしたいのか、何が嫌なのかをまとめた上で辞める計画を立てましょう。

1.退職日を決める

辞める日をまずは決めましょう。法律では14日前に届け出を出せば問題ないことになっていますが、14日後に辞めていいですよと言う会社はあまりありません。2~3ヶ月程度は時期を見ると良いでしょう。

退職金は3年からもらえるところが多いです。その他にもボーナスや有給休暇、保険料などを加味して決めると良いでしょう。

2.退職を切り出す際のポイント

退職が決まった際には直属の上司に伝えるべきです。

きっちりと自分の意思表示をする必要があります。

退職理由は会社の不満はやめましょう。

会社の不満・待遇の不満では、給料を上げたり・異動を行うことで引き止められることは間違いありません。

次の会社に行きますと言った理由も、「次の会社に行っても先はない。」「給料も頭打ちだと言われることがあります。」

会社を立ち上げることや、自らの見識を広げるために世界を見て回るなどという理由は前向きでとても良いでしょう。

家族の介護も上司・同僚の反対も少なく納得してくれます。

結婚・妊娠・子育てを理由に退職するのも円満に辞められるケースの一つです。

辞めたいと思った理由はあまり嘘をつくのはやめましょう。

生活のための給料が足りないことや、会社の業務がやりたい仕事ではなく他にやりたいことを見つけたことなど会社では対処できないことを言うのが良いです。少し盛るくらいは良いですが、まるっきり嘘である場合にはその嘘がばれた場合には信頼関係を損なうことになります。

辞めるという前に転職活動をしよう

初めて辞める人であれば会社を辞める前に転職活動をしておきましょう。

メリットは以下の3点があります。

1.自分の市場価値を知れる

会社に所属していると会社名で取引が行われるためにあまり分からない方もいますが、転職活動をすると会社名ではなく自分がどれほどのスキルや経験を持っている人なのかを知ることができます。

場合によっては経験を積むために会社に残ったほうが良いという選択肢もできるので在職中に転職活動をするのが良いです。

2.精神的な余裕

転職活動を行うことで自分にも選択肢が広がっているんだと思い、精神的に楽に仕事をすることができます。

今の仕事を辞めたら後がないと思うことと辞めてもなんとかなりそうだと思って仕事をするのではまったく精神的に違います。

3.金銭的な余裕

仕事を辞めた後は収入がなくなってしまいます。その後、金銭的なゆとりがなくなり焦って職場を探すといい職場に巡り合わない可能性が高まります。忙しい中でも今の会社に所属しながら転職活動を行うことで継続的な収入が得られます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました