ヒトラーはなぜユダヤ人を虐殺したのか。

日本と世界の歴史

ヒトラーは1933年に首相に任命されたのち、独裁指導体制を確立し、第二次世界大戦を引き起こしました。ユダヤ人などに対する大虐殺を起こしたホロコーストを主導したことで狂気の独裁者と言われていますが、果たしてどうなのでしょうか?

 

ヒトラーはいう独裁者はなぜ誕生したか?

ヒトラーはヨーロッパが生んだというのが真実です。

ヨーロッパにおける反ユダヤ人の環境と、第一次世界大戦以来のドイツ経済の悪化、不満が結びつき、富を得ているユダヤ人に対して不満がたまったことをヒトラーはうまく利用しました。

絶対に奪われないものは知識と財産(ユダヤ人迫害の歴史)

 

ヒトラーはナチ党に入党しましたが、演説の才能がとても有りました。

ナチ党は小さな政党でしたが、選挙の前に宣言したことをきちんと行うことで民衆から支持されていきました。

ヒトラーが出した「我が闘争」という書物に考えがかかれており、それを一つ一つ実行していきました。

具体的な目標は第一次世界大戦での賠償金に困窮するドイツを強国にし、ドイツ人が世界を征服するということです。

 

初期のヒトラーの政治手腕

政権を握ったヒトラーは失業率を回復させ、国を世界第二位の経済大国にしました。

社会保障と福祉を充実させ、生産力の拡大を目指しました。

社会保障を安定化させることで将来の不安が減り、消費も増加するのです。

さらに国の健康と環境衛生の向上、公害の予防などにも着手しました。

不平等な条約を有する国際連盟、軍縮会議なども脱退し、その後オーストリア国民の支持をうけ無血でオーストリアを合併するなど成功をおさめました。

 

第二次世界大戦の始まりとユダヤ人大虐殺

ドイツ軍が1939年にポーランドに侵攻し、第二次世界大戦の始まりが始まりました。

はじめナチスは、ドイツからユダヤ人を追放し、国内から一掃しようと考えていました。隔離して国外へ移住させる予定でした。

しかしドイツの占領地帯が拡大すると、ユダヤ人の数も増えていきます。ポーランドには200万人のユダヤ人が暮らしており、その後ソ連との緊張が高まったことにより、移住計画は失敗に終わったのです。

移住計画が失敗に終わると大量虐殺(ホロコースト)が行われました。最も効率的に殺せるのが毒ガスだったと言われています。

ホロコーストの背景には、まずヨーロッパ社会が伝統的にユダヤ人を嫌悪していたことがあります。ヒトラー個人やナチスに限らず、ヨーロッパ全体に反ユダヤ主義が根付いていました。ナチスはそれを利用して、政治権力を獲得したのでした。

 

なぜわざわざ隔離したり、虐殺を行ったりしたのか。

それは儲けているユダヤ人から資産を没収すること。国民の怒りをユダヤ人にぶつけることもあります。選挙の前に宣言した公約をきちんと実行するために行ったのです。

 

ユダヤ人のイスラエルへの移住

シオニズム運動(パレスチナの地に故郷を再建しようという動き)の高まりと、厳しい迫害という現実から逃れたいユダヤ人は、すでに、パレスチナの土地へ移住し始めていた。

第二次世界大戦前、ヒトラーによるユダヤ人迫害が激しくなると、その数は増え、多くのユダヤ人がパレスチナの土地をめざしました。

 

ヒトラーの予言

ヒトラーは、2種類の人類への分離はますます進む。1989年以後、人間はごく少数の新しいタイプの支配者と非常に多数の新しいタイプの被支配者に分かれていくと予言しています。

ユダヤ人と反ユダヤ人という目線で第二次世界大戦を見ると、ユダヤ人の勝利です。第二次世界大戦に一番勝利したのはアメリカです。さらに富を持つロスチャイルド家の援助もあり、イスラエルが建国されました。

現在、富の二極化は進み、貧富の差が広がってきています。自分で稼げる力を持つ人や、人を雇って稼ぐ人がますます富める世の中になってきてしまっているのです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました